【女子大生と教授(と僕)のありがちな】3話あらすじネタバレ

変化する気持ちと関係

女子大生と教授(と僕)のありがちな
【第3話】
久しぶりのデートはきっと上手くいくはずだ
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

 

依然として沙依は暗い雰囲気を携えたままであった。

 

更には前のような笑顔さえ失われているような気がして不安になるB。

 

思い切ってデートに誘ってみよう…

 

そうすれば沙依も元気を取り戻すかもしれない。

 

この考えは功を奏した。

 

一緒にデートの予定について話ている内に沙依の表情は明るさを取り戻していった。

 

沙依もまた、Bとのデートをしていく内にKのことを忘れて久々に楽しい時間を過ごすことができたのである。

 

それはまるで、Kに出会う前の幸せで穏やかな時間そのものであった。

 

一緒に夕飯を食べようとしていた二人。

 

しかし沙依は突然、Kから呼び出されてしまう。

 

この楽しい時間を終わらせたくはない、しかし行かない訳にはいかない…

 

後ろ髪を引かれるような思いでBと別れ、Kの元へ向かう沙依。

 

Kと一緒に夕飯を食べ、高層ホテルへと連れて行かれる。

 

そこでプレゼントを渡され、中にはセクシーなランジェリーセットが入っていた。

 

白いレースがあしらわれた下着は透けていて殆ど意味を成さないようなもの。

 

今ここで着替えるように要求するKに逆らうことはできず、沙依は下着を身に付ける。

 

裸よりも卑猥に見える姿に満足したKはそのまま彼女を抱いた。

 

沙依の体はすぐに反応し、秘部からは愛液が溢れ出る。

 

背後から抱きつかれるように挿入され、部屋中に卑猥な音を響かせながら抱かれる自分。

 

ガラス越しに映るそんな姿を見せつけられながら、心は依然としてKのことを拒絶している。

 

しかし、体は確実にKをいつでも受け入れられるようになっていた。

 

そんな事実に気がつきたくない、認めたくないと思う沙依。

 

本当にKのことが嫌なの…?

 

好きなのは彼氏のB君のこと…。

 

私が好きなのは、本当に喜びを感じているのは誰といる時だっけ…?

 

彼女の心は揺れていた…

 

>>第4話あらすじネタバレ

電子コミックで今すぐ読んでみる!

女子大生と教授(と僕)のありがちな

▼▼まずは無料サンプル試し読み▼▼

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

▲▲漫画ダウンロードは画像タッチ▲▲

スマホ専用コミック(android & iPhone対応)

試し読みは完全無料です!